トップページ > 山行記録  

山行記録

奥多摩 水根沢

日程:

2017年9月15日(金)

メンバー:

L大塚(記録)、山崎

行程:

5:30川崎〜7:30水根駐車場〜8:00行動開始〜11:20遡行終了、下山開始〜12:00水根駐車場

概要:

山崎さんとの沢登り2回目は水根沢を選んだ。前回マスキ嵐沢とは全くタイプの違う沢で夏限定の積極的に水に浸からなければ登れないルートだ。水根集落を過ぎて入渓する。装備を整えて懸垂下降の練習をして出発する。最初はじゃぶじゃぶ歩く程度だが、すぐ腰まで浸かり水飛沫を浴びながら岩を攀じ登る滝となる。だいたいここで全身濡れるので水に慣れることができる。釜をもった滝が続く。山崎さんにルートファインディングの練習をしてもらいながら進む。左岸からか右岸からか中央を泳ぐかどこを登るか、ついて歩いているだけでは分からない。へつりや濡れたスラブで何度も釜にドボンした山崎さん、そうしてきっと上手くなります。

ゴルジュ内トイ状滝。高さは4m程度だが取付きまで足が着かず過去水の冷たさに耐えきれず巻いていた滝。両壁を突っ張って登ることができた。ただ手掛かりが少なく突っ張り体勢までが大変。折角懸垂下降の練習もしたので、一度下降して高巻きして懸垂下降する。山崎さん練習以外での初の懸垂下降。危なげなく降りてきました。

半円の滝。ここも突っ張りで登る滝。滑り落ちても下は釜になっている。が、スライダー状で落ちるので怖い。山崎さん長い脚で無事通過。以降しばらく遡行し適当なところで切り上げて左岸林道を下山。

  


| 沢登り | 20:39 | comments(0) | trackbacks(0) |

西丹沢 マスキ嵐沢沢登り

日程

2017年9月8日(木)

メンバー

L大塚、磯野、山崎

行程

7:30 畦ケ畔登山口駐車スペース - 8:15マスキ嵐沢入渓 - 12:00権現山山頂 - 12:25下山開始(権現山南西尾根(マスキ嵐沢左岸尾根) - 13:25 駐車スペース

2017マスキ沢3

山崎さんの沢デビューにマスキ嵐沢に向かった。林道には落石跡が多く、車1台がぎりぎり通れるような場所もあった。駐車場所には注意が必要と思われる。登山口まで車で入り30分ほどで入渓点に到着。装備を整え入渓する。今回は読図の練習も兼ねて地図とコンパスでお互い確認しながら登る。途中の滝で何か所か磯野さんにトップで登ってもらい、支点の作り方や後続のビレイ方法を練習する。山崎さんには後続の登り方を色々と練習してもらった。平日なので他のパーティに会うこともなく練習できた。

下山は権現山の南西方向に延びる尾根を下る。山頂付近は鹿除け柵があり出だしが尾根の確認がしにくい。よく利用されるルートのようで踏み跡はあったが、ところどころ不明瞭な箇所があるので確認は重要だ。また滑りやすい土質のため雨の日は避けた方がいいと思う。地図とコンパスでぴったり駐車場所まで下ることができた。

下山後風呂に入っていたら雨が降ってきた。そして土砂降りとなった。早めに下山できてよかった。半日程度の行程で初心者向けの練習にはよい沢だと思う。

 2017マスキ沢1


| 沢登り | 09:05 | comments(0) | trackbacks(0) |

2017年夏合宿

日程

2017年8月10日(木)〜8月13日(日)

メンバー

L望永、中野、増田、大塚(記録)

行程

4年ぶりの剱岳での夏合宿となった。増田、大塚は初の剱合宿。ベテランの中野、望永が一緒であるため不安はないが、合宿が近づくにつれ天気予報はどんどん崩れていく。停滞になっても退屈しないようにと飲み物、ツマミを追加したら直前にザック重量は30kgほどになった。

■2017年8月10日(木)
4:00立山駅着、6:00ケーブルカー乗車、7:10室堂、高野さん夫妻と合流、7:40室堂発、10:25別山乗越、11:10剣沢キャンプ場、11:40剣沢キャンプ場発、12:25平蔵谷出合、13:00長次郎谷出合、13:30真砂沢ロッジ、14:20長次郎谷出合、14:50機Ν曲間ルンゼ偵察、16:25熊ノ岩

 前夜川崎を増田大塚が出発し、竜王駅で望永と待ち合わせ、当日朝に中野が合流し、始発のケーブルカーに乗り込んだ。美女平でバスに乗り換え室堂を目指す。天気は良く2時間睡眠の目には眩しすぎて意外と眠れない。
室堂で前日入りしていた高野夫妻と合流。記念撮影などして雄山方面へ向かう高野パーティと別れる。閉鎖されている地獄谷を迂回し雷鳥沢キャンプ場まで下り別山乗越への登りにかかる。日差しが強く暑くて汗が噴き出してくる。気が付くと先行しすぎてしまい反省しながら皆を待つ。

 別山乗越から八つ峰を確認する。機Ν曲間ルンゼと思われる場所に雪渓が見える。その上に雪のブロックがひっかかっているようで明日に不安を感じる。乗越を超えると少し気温が下がり快適となる。剱沢キャンプ場もまだテントは少ない。そうまだ今日は平日だと少し仕事を思い出す。
野営管理所で情報収集。各所の雪渓は日々変化しているので最終的には現場判断となるが、機Ν曲間ルンゼは見る限り危険な状況だろうと話しており、明日に不安を感じる。

 行動再開。平蔵谷を見送り、長次郎谷出合に到着。落石跡が多くみられる。真砂沢ロッジを往復(今後の下見)した後、長次郎谷へ入る。機Ν曲間ルンゼを出合から暫く観察するが、見える範囲が少ない遠目に確認した雪のブロックが見えず判断できない。天候も悪化しつつあるので熊ノ岩に急ぐ。谷に入ってすぐに見えた熊ノ岩。すぐそこにあるようだがなかなか着かない。何度も休憩。まだ着かない。目の前まできてまた休憩。もうすぐだが着かない。16時過ぎにようやく到着しテントを設営。ひとまず乾杯していると雨が降ってきた。明日の予定を相談する。皆で悩む。ここでdocomoの電波が入ることを発見。最新天気予報を入手すると、明日は午後から雨。予定の八ツ峰縦走ではなく、午前中に妻フェース登攀の計画とした。

■2017年8月11日(祝)
4:30起床
【中野・増田】Dフェース富山大ルート
5:40行動開始、6:30取付、11:00Dフェースの頭、12:00后Ν坤離灰襦12:30熊ノ岩

【望永・大塚】Cフェース剣稜会ルート、Aフェース魚津高ルート
5:30行動開始、5:45Cフェース剣稜会ルート取付き、6:15登攀開始、8:45終了点、10:00后Ν困離灰襦10:30Aフェース魚津高ルート取付き、12:20終了点、13:15后Ν困離灰襦14:00熊ノ岩

 少し油断した。テントを出ると既にCフェースに取付いているパーティがいる。取付き3番手。真砂沢から出発した学生パーティに続き、登攀開始。大塚トップで1ピッチ目。どこでも登れそうだが、朝一なので簡単なルートを選ぶ。途中望永のアドバイスを受けながら登る。2ピッチ目は望永トップ。20mほどでコールがかかる。3ピッチ目大塚トップ。少し濡れたフェースを登る。名物ナイフリッジの直下までと指示を受けたが、途中からロープの流れが悪くなり、登ると身体が剥がされそうになりピッチを切る。4ピッチ目の名物ナイフリッジは折角だからと再び大塚トップ。確かに高度感があるが、岩が安定していて、先月の北岳バットレスの水平リッジよりだいぶ安心感がある。そのまま通常の5ピッチ目もつなげて登るが、あと3mほど終了点というところでロープが足りなくなってしまう。3ピッチ目で水平リッジの直前まで登っていれば足りたことになる。望永に少し登ってもらい、終了点へ。隣のDフェースでは中野・増田パーティの動きがよく見える。Cフェースと比較するとだいぶ難しそうだ。まだ数年先だなと感じる。

 少し休憩後に下降開始。望永の先導で后Ν困離灰襪見える下降点へ移動。初見では辿り着かない可能性ありと個人的には感じた。先行の学生パーティの下降をしばらく待つ。先に下降したメンバーとのコミュニケーションがうまくできずにいるようで望永がフォローに入る。40分ほど待ちようやく下降開始。50mほぼいっぱいでコルに到着。ここでロープ引き抜き時にスタックさせてしまう。引っかかりそうだなと感じた場所。3mくらいの高さだから引っかかたら取ればいいと油断から余計な時間を費やし反省。

 Aフェース魚津高ルートの取付に移動。学生パーティは中大ルートで準備中。どうやら中大生らしい。ここでアイゼンとピッケルをデポして1ピッチ目大塚トップで登攀開始。Cフェースに比べてだいぶ立っている。3mほど登りハング下へ。ハング下は濡れて水も滴り落ちている。少し緊張した登りで右上へ抜け凹角を登りきり、左にトラバース。途中ハーケン乱打ポイントがあったが、足元不安定のため少し先のテラスでピッチを切る。これが失敗、ロープの流れが悪くなり、声も届きにくくなってしまった。2ピッチ目も大塚トップでカンテを超えクラックを登る。1ピッチ目より大分楽しく登れる。最終ピッチは望永トップで終了点へ。雨は少しぱらついたが何とか降られずにすんだ。踏み跡をたどり懸垂下降点へ。最初は這松のトンネルを潜りながら、后Ν困離灰襪悗垢鵑覆蟆執漾

 アイゼン・ピッケルを回収しテントへ帰還。乾杯しようと思ったら中野・増田は明日の八ツ峰縦走の為に下見に行くという。ちょっと迷ったがお任せして乾杯。

 そういえば今日から3連休。熊の岩もテントが増えてきた。到着してすぐに登りに行くパーティも。頑張るね〜と思ったら雨となった。偵察組も引き返してきた。雨が強くなってきた。期待していた明日の天気も雨だった。八ツ峰縦走はここで断念。明日は雨が止んだら長次郎谷右俣経由で本峰を経由して剣沢キャンプ場に移動することとした、


●Cフェースでの望永


●Dフェースを登る中野・増田パーティ

 

■2017年8月12日(土)
4:30起床、雨のため停滞、11:00テント撤収、長次郎谷左俣経由で本峰を目指して行動開始が再度雨のため撤退を決定、15:30剣沢

 雨は日付が変わった頃に止んだ。剱沢や真砂沢から続々とパーティが上がってくる。Cフェース取付きはすでに順番待ち。雨がまた降り始めた。富山各所に大雨警報が出ているようだ。強い雨の中Cフェースは登攀パーティが数珠繋ぎとなっている。雨はなかなか止まない。雨雲レーダーを見ながら時を過ごす。

 11時雨があがる。テントを撤収して長次郎谷左俣経由で本峰を目指す。数分してまた雨。レインコートを着用するが、雪渓の状態も悪く撤退を決定。長次郎谷を下り、剣沢キャンプ場を目指す。剣沢へ出ると雨も上がり、平蔵谷出合いで青空も見えるようになった。
剣沢キャンプ場は大賑わい。混雑していたが、なんとかテント設営スペースを見つける。明日は晴れるようだ。早朝に別山尾根を往復し下山する計画とした。

この夜は暑かった。暑くてとてもシュラフに入れる状態ではない。周辺の会話や音も気になる。急に都会に来た感じだった。


●長次郎谷の下降

 

■2017年8月13日(日)
2:30起床、3:30行動開始、6:10剱岳山頂、8:30剣沢キャンプ場、片付け、10:00剣沢発、13:00室堂、14:30立山駅

 3:30前夜に用意したおにぎりなど食べて行動開始。まだ動いているパーティはそれほど多くない。が、剣山荘からは人が増え渋滞気味となる。しかし、ほぼ休憩なしで歩き続けたため、徐々に混雑から抜け出すことができた、剱岳南壁に数パーティ取付いているのを確認した。最後に頂上に上がれるのは良さそうだ、いつか計画してみたい。

 

6年ぶりの剱岳山頂。6年前と同じ好天の頂上。最終日だけでも晴れてよかった。
下山はすれ違い渋滞が予測されるため、ベテラン中野を先頭に下る。遠慮していては下れない。どんどん下る。8:30剣沢キャンプ場。朝飯前山行であった。
装備を乾かしながらゆっくり合宿の片付けをした。

 


●熊の岩にて

 


| 合宿 | 08:50 | comments(0) | trackbacks(0) |

北岳バットレス第四尾根

日程

2017年7月8日(土)〜2017年7月10日(月)

山域

南アルプス

メンバー

L大塚、望永、増田

行程

7/8(土) 2:30川崎〜芦安、5:15芦安〜6:15広河原6:45〜大樺沢〜9:20二俣〜左俣〜12:00D沢下見〜14:30白根御池小屋 7/9(日)2:30白根御池小屋〜C沢D沢中間尾根〜4:30Dガリー大滝〜6:00横断バンド〜6:45第四尾根12:40〜13:00北岳頂上〜13:30北岳肩ノ小屋〜草滑り〜14:30白根御池小屋〜16:00広河原(大塚、望永下山) 7/10(月) 白根御池小屋から増田下山


7/8(土) 大塚、増田は川崎から、望永は静岡から芦安へ移動、バス乗り場で待ち合わせし一緒に広河原へバスで向かった。D沢大滝を下見するために大樺沢経由で二俣へ向かい、荷物をデポして下見に向かった。今年は例年よりも雪が多いらしく二俣から八本歯まで雪がぎっしり残っていた。D沢がどれなのか3人で話し合いながら探し、Dガリー大滝を見つけた。
大滝取りつき末端まで雪はしっかり残っており、大滝の半分くらいは雪で埋まっていることを確認してその日の偵察は終了、デポした荷物を回収して白根御池小屋へ移動した。
御池小屋は生ビールが飲めて、水がきれいで美味しく素晴らしいテント場だった。


雪で半分埋まっているDガリー大滝

7/9(日)
2時半にテント場を出発した。
下見の効果があり迷うことなくDガリー大滝に取りつく。雪渓末端から岩場に移るところで隙間がまあまあ開いており少し気を使った。なお、テント場から2時間で大滝に到着した。
 

大滝を登りそこから横断バンドまで順調に進む、4尾根下部までトラバース、Cガリーまで進み、Cガリーを経由して4尾根テラスまで行こうとするが、雪渓が残っており、Cガリー手前のクラックを登って4尾根テラスを目指した。
 

雪渓の残ったCガリーとその手前のクラック

 

テラスからマッチ箱まで、残置ハーケンやカムを使ってランナーを取っていく。クラック、フェースとバリエーションに富んだ岩を快適に登る。手持ちのカムはBDの#1が装備内で一番大きいサイズ、それ以下は#4、#5を使用した。エイリアンも1か所使ったが無くても問題ない。先行パーティはおらず我々がトップで、後ろには2、3パーティ続いていた。

   


写真左はピラミッドフェース?dガリー奥壁?、右は別パーティとマッチ箱

マッチ箱からは南側に10m懸垂下降、そこから城塞まで4尾根沿いに登る。途中ルンゼに少し入ったりもしたがそのままリッジ沿いでも登れそうだった。
 
ここから左のルンゼに移り、少し登ってから再度リッジに戻った
リッジの末端では、2010年10月の崩落によってルートが消失しており、城塞までトラバースする。

 
城塞までのトラバース

トラバースを無事に終えたら、最後にチムニーを登り登攀終了。

 
4尾根を振り返る
 
 
最後のチムニー

 
頂上までのルート
チムニーを抜けてから20分程度で北岳頂上へ立った。

午前2時半にテント場を出発し、頂上に立ったのが午後1時。
長い行程だったが、久々に3人揃った楽しい登山だった。
その後、肩の小屋経由でテントに戻り、大塚望永ペアはそのまま下山、増田はもう一泊して翌日のんびり帰りました。

 


| 登攀 | 11:15 | comments(0) | trackbacks(0) |

2017春合宿 霞沢岳

山域

上高地 霞沢岳

日付

2017年5月4日(木曜日)〜2017年5月6日(土曜日)

メンバー

L望永、布田、谷輪、上平、山

行程

2017年5月4日(木曜日)

島々(726m)06:05→(2.00)→二俣トンネル→08:05二俣→行き橋→戻り橋→(1.30)→09:53中間ベンチ→離れ岩→(1.30)→11:35岩魚留小屋→(1.40)→15:30力水→(1.20)→17:10徳本峠(徳本峠小屋2216m) 幕営

天気は晴れ、気温も涼しく快適に歩きはじめる。上高地は桜の季節。1か月タイムスリップしたようだ。島々谷林道を進む。途中の駐車場では釣りの人たちが準備していた。ヒキガエルとその卵に驚かされながらひたすら歩く。

二股からは登山道になる。島々谷南沢沿いに進む。ところどころ崩れてはいるがよく踏まれ整備されている。道中会った人は下山してくる2人組と単独行の人のみで、とても静かなルートだった。岩名留小屋を過ぎ、小南沢を過ぎたあたりから雪が出てくる。アイゼンをつけるほどではないが、斜面をトラバースするため、沢に落ちないように気をつけた。25000分の地図では2回橋が出てくるとあったが、2つ目の橋が落ちている。渡渉できそうなところを探し左岸にわたる。(徳本峠小屋で確認すると、冬のあいだは雪崩で壊れてしまうため外して下流に保管しているとのこと)そこから登山道をしばらく進むと、徳本峠への最後の登りとなった。ここでアイゼンをつける。力水は斜面を少し登ったところにあった。全員疲労困憊でなかなか進まないが、とにかくがんばって登り徳本峠小屋に到着する。

小屋ではテントが10張り以上あり小屋も営業していた。(年末年始は徳本峠小屋は休業)橘山想会からの差し入れもいただき、豪華な鍋を囲んだ。

 

2017年5月5日(金曜日)

徳本峠06:10→(1:00)→07:30ジャンクションピーク(2428m)→(2261m地点)

(2:00)→10:20K1→K2→(0:30)→11:30霞沢岳(2645m)11:50→(0.25)→K2→12:40

K1→2261m→15:30ジャンクションピーク→(0.40)→16:20徳本峠 幕営

天気は晴れ。昨日霞沢岳に登っている橘山想会の方から昨日のルートの様子を聞く。

ジャンクションピークまではひたすら登り。明神、穂高がよく見える。ジャンクションピーク付近は平坦で樹林もあるためテントを張ったら快適だと思われる。ジャンクションピークから北西に回り込みながら下っていく。2261m地点まではまばらな樹林帯でテントを張ることはできそうだった。そこからはやせた尾根を進む。南側に雪庇ができている。K1ピークまでは急な雪壁が2箇所ある。急な斜面で深い谷となっているため緊張するが、トレースが階段状に残っていたこと、アイゼンが効いたこと、踏み抜くこともないなど雪の状態もよかったため登っていく。

K1ピークに到着。明神や前穂高、西穂高が美しい。乗鞍岳や遠くに御嶽山や南アルプス、富士山と大パノラマのであった。ここからはK2ピークをこえ霞沢岳を目指す。晴れていたが、風はなく気温もそれほど上がらなかったため、雪の状態はよかった。時折夏道を通りながら進む。K2ピークからの下りは岩まじりの急な斜面があったが、ブッシュなどをつかんで降りた。稜線では南東の方向に大きな雪庇が出ていた。

霞沢岳に無事登頂。K1ピークからの雪壁の下山、支点になりそうなブッシュはトレースからずれているためロープは出さなかった。アイゼンをしっかり効かせ、バランスを崩さないようにゆっくり下った。核心部を抜けてからは、ひたすらテントに向かってあるく。ここまでで8時間は過ぎている。ジャンクションピークへの登りが辛い。

 

2017年5月6日(土曜日)

徳本峠06:50→明神→08:30上高地バスターミナル→島々→松本→新宿→帰宅

撤収時に雨がパラパラ降ってきた。上高地までは1時間半の短い道のりだが、沢沿いを歩くため緊張した。ルートは赤テープと踏み跡があったため間違うことはなかったが、沢なので、デブリがいたるところにできている。沢を離れ林道にでたら明神はもうすぐ。明神や上高地は賑わっていた。春の上高地を見ながら帰路についた。

島々宿

   徳本峠からの明神岳と西穂高岳

 

   ジャンクションピーク

二俣から岩魚留小屋をめざす。

   K1ピークへの稜線

よく整えられた登山道

   K1ピークへの最後の登り

明神岳、大天井岳、常念岳、蝶ケ岳

 

   前穂高、奥穂高岳

 

稜線の雪庇

 

   山頂への稜線。夏道が出ている。

 

K1ピークからの下り

 

   徳本峠で

 

急な雪壁の後はやせ尾根

   明神に着きました。

 

 


| 会山行 | 07:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
sun mon tue wed thr fri sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

戻る ページの上部へ
 
 
Copyright (C) 2006 Kawasaki Alpine Club. All rights reserved.
powered by 有限会社プエンテ